はれあめ!

Read Article

両刃ホルダーのススメ 髭剃り

両刃ホルダーのススメ 髭剃り

髭剃り

男性の皆さん髭剃りはどうされているだろうか?

電動シェーバーやT字の安全カミソリ(以下安全カミソリ)などなど色々な選択肢がある。

僕はヒゲが濃い方なので、若い時から安全カミソリを使っていた。

シックとかジェットとか日本メーカーを応援しようと貝印にして見たり、色々と使ってきた。

しかし2つの事柄で普通の安全カミソリはやめてしまった。

安全カミソリをやめた理由

    • コスパが悪い
    • ゴミ(使用済みの替え刃)問題

はっきり言って安全カミソリの5枚刃とか高くて使っていられないと感じていた。替え刃一つ200円〜300円くらいするのではないだろうか?

そして替え刃のゴミ問題。そもそも燃えるごみなのか?不燃物なのかもわからず、替え刃捨て場に溜まっていくのがとても嫌だった。

両刃カミソリ

そこに現れたのが両刃カミソリ!

クラシックレイザーとかクラッシックシェービングなどと言われる両刃ホルダーだ。

2年くらい前から(調べたら2015/10/27に購入していた)これを使用しているが、ホルダー(カミソリの持ち手)が6800円、替え刃が540円とホルダーの金額は張ったが安全カミソリと違ってずっと使える。安全カミソリのホルダーはプラスティック製のものが多くあまり長く使えたことがない。また替え刃の新製品が出るとホルダーが使えなくなったりする。両刃ホルダーならランニングコストは替え刃一枚54円と激安だ。

▼分解清掃も簡単にできる


▼もちろん刃は一枚

両刃ホルダーも安いものは1000円くらいから20000円を超えるものもある。

これがT字カミソリのままだったらとてもこの金額では追いつかなかったのではないか?

そして刃の切れ味が悪くなったらカッターの刃折器に捨てている。

安全刃折処理器ポキ

全然たまらず安全に処理することができる。

また剃り心地も安全カミソリとは別次元。刃の枚数関係あるの?と感じてしまうくらいだ。

オススメポイント

  • コスパがいい
  • ゴミ問題解決
  • カッコいい 所有欲を満たしてくれる外観
  • 切れ味がすごい!

イマイチポイント

  • 切れ味がすごい!

切れすぎてしょっちゅう血だらけになる。

これは僕のシェービング技術がないこともあるが、もう一つシェービングブラシやソープを使っていないことも原因だと思う。急いでいる朝などは下手に髭剃りができない。

  • イニシャルコストが高い(ものもある)

まとめ
T字の安全カミソリを使っている人は変えてみる価値あるかも。
剃り心地は別次元、剃った後はツルツルすぎてびっくりするかも。
ただし最初は血だらけになることもあると覚悟が必要。