Warning: Declaration of description_walker::start_el(&$output, $item, $depth, $args) should be compatible with Walker_Nav_Menu::start_el(&$output, $item, $depth = 0, $args = Array, $id = 0) in /home/narki789/narki789.com/public_html/hareame/wp-content/themes/dp-elplano/inc/scr/custom_menu.php on line 2
スケジュール管理とリスケと責任 | はれあめ!

はれあめ!

Read Article

スケジュール管理とリスケと責任

スケジュール管理とリスケと責任

講師のお仕事

僕の本業は果樹農家、その前は17年間介護職をしていた。

家庭の事情で就農し今に至るのだが、秋から冬にかけては時間が調整しやすいこともあり福祉の専門学校で非常勤講師のお仕事もさせていただいている。

その日は専門学校の講師のお仕事。講座の介護実技の評価で、何人かの先生と一緒に簡易的な実技試験の試験官的なことをする。と張り切って出かけたが、、、学校に着くと門が開いていない!!

スケジュール転記ミス

軽くパニックになりながら近くのコンビニに車を止め予定を確認する。

手帳にも、iPhoneのカレンダーにも今日と入っている。

それならと、エバーノートに保存してある、学校から送られてきた日程が書かれているプリントを確認。

するとなんと日付が翌日になっていた!あーやってしまった、日付を間違えてカレンダーに登録してしまったようだ。翌日は他の予定が入っていて、どちらかをリスケしなければならないことが確定。

顛末

やったこと

  1. まずは自分の気持ちを整理学校の方はある意味契約だし責任がある。

    翌日の予定はコンサルとセミナー。両方ともにとても参加したい予定。

    どちらに行きたいかと言えば気持ちは決まっていた。

    しかししたいことばかりできないことがあることは大人になってしまっているからわかる。

  2. 翌日の学校の予定確認年に数回短期間行われる講座だったので、参加人数によって評価者(先生)の絶対に必要な人数も変わってくる。まずは参加人数を確認することが急務。

    学校に確認の電話を入れる。

    今回はラッキーなことに参加人数が少数でお休みしても大丈夫ということが判明。

しかし休めない状況だったら違う展開になっていただろう。

ただ自分の気持ちの整理と、状況の確認をしたことで自分の行きたい方向がわかっていたのは大きい。

責任感や罪悪感が先にたち確認せずに翌日の予定を「自分が間違えたのだから」と決めずに良かったと思う。

今のスケジュール管理方法

  • 紙の手帳 逆算手帳(今はガントチャートのみ使用中)
  • iPhoneカレンダー グーグルカレンダーと連携させていて、妻の予定や家族の予定も全部入れている。
  • エバーノート色々なものに使っているがスケジュールに関して言えば、予定のお知らせが紙ベースできたらスキャンしエバーノートその予定の日付と関連するキーワードをタイトルにして入れておく。という管理をしている。今回も学校名で探し出すことができた。

再発防止策

今回は転記ミスなので再発を防ぐには、ミスを事前(例えば一月前とか)に発見する仕組みを考える。

  • 予定の入り口はiPhoneカレンダー
  • そこから逆算手帳に転記
  • その時に紙ベースのお知らせがある場合は再確認する

予定が間違っていたと気付いた時は冷汗が出てきた。

今後は仕組みでミスをなくしていこう。

ただし人はミスをするってのは大前提、その後のリカバリーのほうが大切とも思う。

皆さんはどんなスケジュール管理をしていますか?

そしてダブルブッキングや入れ忘れ、転記ミスなどをどう防いでいますか?